FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

BATTERY。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

実は、日曜日のわかさぎ釣りで大ピンチがあったのでそんな話をします。

日曜日は会社の上司を乗せて神流湖でわかさぎ釣りを楽しんだんですが、夕方になって片付けをして桟橋へ戻ろうとエンジンのキーを回すと・・・・・。

ク・・・ン、ク・・・ン、ク・・・・・・・・・。ってセルが回らない

ま、ま、まさか・・・・。湖上でバッテリー切れ・・・・・。(バスボートのエンジン始動はバッテリーでセルを回すのです)

そういえば、クランキン用のバッテリーは、何ヶ月もチャージしてない。通常エンジン回している間に車と一緒で充電するので、バス釣りをしているときは、移動が多いからあまり気にしなくていいんだが、ワカサギ釣りとなると、移動は基本的に朝夕のみ、しかも、魚探はクランキンのバッテリーから取っているので一日中魚探使いっぱなしだし、しかも寒いときたもんだ。バッテリーもだいぶお疲れになっていたんですね。

しょうがないんで、エンジンのところに立ってデッキを開けて、クランキンのバッテリーをはずし、エレキのバッテリーを1個はずしてクランキンのバッテリーがあるとこまで移動して、配線つないで・・・・・。

エンジン一発始動!!!。鼻歌まじりで桟橋へ向かいます。

桟橋の近くまで行ったら、今度はエレキが使えないんだっけ・・・・。あんまり得意じゃないけどエンジンで接岸。ボート免許取ったとき以来のエンジンにて接岸しました。おもわず、右よし左よし、後方よし前方よし、接岸!!と叫んでしまったかどうかは定かではないのですが・・・・。

湖上でバッテリー切れとは、初めての体験だったのでちょいビビリました。一度あったことは次もあるぞってことで対策です。早速、オイラの心のデパートカインズホームに行ってきました。

今回購入したものはこいつです。

ブースターケーブル

そうです。ブースターケーブルです。エレキ用のバッテリーは釣行毎にチャージするのでバッテリー切れはありえない、クランキン用がピンチの時だけコイツでクランキンバッテリーとエレキバッテリーをつないでエンジンかけちゃえば問題なしです。エンジンさえかかってしまえばオルタネーターが活躍して充電してくれるので、桟橋に帰ってトレーラーにボートを乗せるまでは何とかなると思います。(野望通り行くかどうか不明ですが、一応ボートに積んでおこう)

湖上でトラブルがあったとき対処できるような知恵は付けておいたほうがいいですね。それと、緊急時に連絡が取れる体制はとっておかないと、神流湖であれば、神流湖観光ボートさんの電話番号は携帯にメモリーしておかないといけませんね、ピンチの時は助けに来てくれるはずです・・・・。きっと・・・・。たぶん・・・・・。

今日はバッテリーネタだったのでこの曲をお送りします。(携帯の方は見れません、ごめんなさい)

みんな頭を振りまくれ!!! METALLICA で BATTERY

| 赤イーグル | コメント:4 | トラックバック:0 | ページトップ↑

PREV | PAGE-SELECT |