FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

群馬フィッシングショーレポートその1

おはこんばんちは、赤イーグルです。

昨日は、群馬フィッシングショーに行ってきました。毎年やっているのは知ってましたが、実際行くのは初めてです。

今回のショーに行く目的は、

①NORIES STRUCTUREシリーズを触る。
②DAIWAの新リールを触る。
③SHIMANOのSTELLAを触る。

の3つの目的をもって行ってきました。

まず、会場に着いてビックリしました。駐車場待ちの車の行列です。タイミングよく車を停められるところを見つけて、なんなく会場に入れました。

入り口をまっすぐ進んでみますと、JACKSONの文字が・・・・。大阪にも横浜にも出店していないJACKSONさんが群馬で出店しているとは・・・。しかも、ディナミスのフルソリッドベイトロッドが展示してあります。

デュナミス

早速、つまんでみると・・・。軽い!!。ハリのある感じもいい!!。こりゃいいもん作ったなって感じです。竿を押し付けるところが無かったので曲がりまでは見れませんでしたが、いい竿なんじゃないかなと思います。

そうだ、ここで寄り道してはいけないんだ!!。第一目標であるマルキューさんを探しにぐるりと歩き始めると、先に第二目標のダイワさんを発見してしまいました。

ここでは、スピニングリールを一通りクルクルして、ベイトリールコーナーへ流れ込む。

ダイワリール

ほんとだZかっちょ悪り~~。しかし、オイラが気になるのはZではなく新型ピクシーであります。

クラッチを切ってみた。クルクルクルクルって勝手にスプールが回り始めている・・・・。メカニカルブレーキかなっと思ったらそうではない。指で軽く触ってみる・・・・。とめどなく回るじゃないっすか。回転がとまらない~~~~。これすげーぞー。さすがダイワ。やったぜダイワ。強いぞダイワ。みんなのダイワ。(ダイワ関係者の方へなんでもいただきます)
これはほしいですね。けど高。

そんでもって、マルキューさん発見!!。突撃します。

NORIESコーナーにはスーツ姿のいい男。神流湖オープン第一戦にも参戦してくれたマルキュー社員のイトーさんを発見!!。まず、記念撮影。

イトーさん

「イトーさん、イトーさん。ストラクチャー何処??」「すいません!!持って来てないんです~~」ガビーーン(超古!!)
目的がひとつ失われた瞬間でした。しかし、イトーさんなら、ストラクチャーを触っているはず、情報を聞き出すのだ!!。イトーさんは利根川のTBCでCLASS1カテゴリーにいるツワモノである。きっといい説明をしてくれるはずだ。
「イトーさん、ストラクチャーってどんな感じ?」という質問に快く答えてくれた。

オイラもちょっと思ったんですけど、グリップを替えたり、ガイドを替えたりするのってNORIESらしくないんじゃないかなって。その辺りも踏まえて教えてくれました。

イトーさん曰く、田辺さんはあくまでNORIESの主軸はVOICEであるとおっしゃっているそうです。これは絶対に変わらないそうです。じゃあ、なんでストラクチャーかっていうと、VOICEはハードプラグゲームを見越しての開発なんで塗装を厚くして、ステンSicガイドで柔軟さをだしているんだそうです。そこで、ソフトベイトでのスローダウンに特化したロッドがストラクチャーなんだそうで、VOICEが主軸とおっしゃるとおり、ブランクスはVOICEのものを流用し、無塗装にすることとチタンSicガイドを使用することでロッドにハリをだし、魚をかけて引きずり出すことを容易にするロッドに仕上げたそうです。実際、イトーさんは初期のプロトで利根川で釣りをしたそうですが、手首のスナップだけでロッドが振れるほど軽く、ノーシンカーワームをスキップしながらストラクチャーの奥へと入れられるそうです。

なんか話を聞いて、ますます触れる日が来るのが楽しみです。今期中には発売したいとおっしゃってましたし、価格もVOICEより2000ベリーくらい高くなるかも知れませんが、そのくらいで抑えたいともおっしゃってました。
そんで、カタログも無料でいただけました。

ノリーズカタログ

先日のブログで書いたプライムエリアのライジャケですが、ボートエディションで20000ベリーと価格が決まったようです。そのくらいなら購入決定でいいでしょう。

ちょっと疲れたんで続きは明日~~。すいません。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:4 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |