FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チョキチョキ。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

わかさぎ電動リール愛好家にHOTな情報です。

通常の電動リールですと、モーターとプーリーの接合するところにゴム管を使っていると思うんですが、先日の雪の中で感じてしまったことに、寒いとゴムが硬くなって巻上げが不安定になってしまうんです。そんな風に感じた方はいらっしゃいませんか。

そこで、ネットでいろいろ調べました。すると、シリコンチューブらしきものが耐熱+200~-60℃まで設定されています。-60℃と言えば、バナナで釘が打てる世界です。とてもじゃないけどワカサギ釣りなんかしないはずなのでこれは買いかなと思い、ネットでさらに調べる。

すると、こやつは工業製品とか医療用のものらしく、10m単位でしか売りませんみたいな業者ばかりです。10mでも1400ベリー程度のものですが、1cmに切って使うので、1000個になる計算、いらね~~~。

なんとか、1mでも販売してくれるところを見つけたので、購入手続きをしてみました。代金はチューブが137ベリー、送料がメール便で210ベリーって送料のほうが高いんかい!!。

シリコンチューブ

そんで送られてきたのがこいつです。内径2mmの外径4mmのものをチョイスしました。
送られてきた状態では長いので、モーターの軸に納まる寸法(1cm)に切断します。

チョキチョキ

チョキチョキやります。もちろんワンピースを観ながらです。たまに指もいきそうです。

1mでだいたい100個とれました。こんなもん1シーズンに2~3個取り替えればいいんで、モニター用にゆうわワカサギ軍団におすそ分けしました。

取り付けるとこんな感じです。

装着

使用した感触は、モニターのみなさん口をそろえて音が静かになったとおっしゃいます。さらに、食いつきがいいので巻き上げもバッチリです。それも素材がやわらかいので出来る技であると思います。
桐生技研のリールの場合はクラッチのプレートを若干チューニングする必要が出てくるみたいです。ペンチで曲げるだけなんで簡単にできます。(オイラは年から年中いじっているのでシリコンのせいとは思いませんでした)

もう少しでワカサギシーズンも終わりですね。最近は暖かくなってきたので、バスの準備をしなくちゃですね。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:4 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |