FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

伊勢崎市立第二中学校電子工作部。

おはこんばんちは、中学時代は部活動に不参加の赤イーグルです。(しいて言えば夕やけニャンニャン部)

全国のワカサギフリークの皆さん。お家に電池が溜まってませんか??。オイラは1シーズンでかなりの乾電池を消費します。

オイラは桐生技研の電動を使っているのですが、デフォが単二電池なんです。アルカリの単二って買いすぎるとただの邪魔者になってしまうので、だいたいの人が単三電池で100均で売ってる(桐生技研は付属で付いてきます)単三が単二になっちゃうアダプターを利用しているかと思います。

今時期はまだいいですが、ハイシーズンの真冬になると寒さからか電池の性能が落ちます。(暖めると復活するそうですが)そこでオイラは単一電池で動かせないかと思ったわけです。その矢先、わかさぎ師匠のN島さんたちはCR123Aという電池を使った3V化を始めたのを皮切りにオイラも3V化を計画するのです。

3Vのスピードで巻き上げてきて穂先で急にストップすると魚がバレるという話も聞いたので、オイラはスピコン(スピードコントローラー)化に着手し始め、そんで出来上がったのが下の写真のスピコンユニットです。

スピコン

左右で4個の単一電池を使います。(先週釣行が終わった後、バッテリーチェッカーで残量を計ってみたのですが、全然容量が余っていました。

しかし、オイラの部屋の電池だらけは解消しません。そこで、わかさぎ釣りに行く時は魚探を持っていきます。ということはバッテリーも持っていくのです。だったらバッテリーから電源を取れないかと思いまして、ググってみました。(ワカサギの電動に12Vを流すと燃えますので注意)

イーター電機工業さんという会社で12Vを3.3Vに変換する基盤を売っていたので、早速注文してみたのですが、目を疑うような返答が・・・・・・「只今在庫がありません。次の納期は4,5ヶ月程お待ちいただきます。お待ちできますか」って待てるわけね~~だろ!!。電気屋さんのネットショップなら在庫切れの表示くらいできね~~のかって感じです。すかさずキャンセルして、電子工作ではいつもお世話になっている秋月電子さんのHPとにらめっこ・・・・・・・。

直接はないけど、合わせ技ならどうにかなるかな???。

いろいろ調べたんですが、電圧って下げようとすると熱を発するそうです。12vから3vですと9vの降圧なんでものすごい(手では触れないと思います)発熱をするんだそうです。そこで放熱器というのを使うのですが、こいつを9vの降圧ですとものすごい大きい放熱器を使うっていうのもあるんですが、電流もわずかしか流せなくなります。

そんでもって今回のお取り寄せはコチラです。

電圧変化ユニット

まず、右がDC/DCコンバーターを搭載した、「4~25V可変スイッチング定電圧電源キット」なるもので、左が「大容量出力可変安定化電源キット」なるものなんです。全く持ってなんのこっちゃ~~な話ですが、要するに左で12Vを7V程度まで降圧させて、さらに右で7Vから3.3Vに降圧させたいのです。このキットの組み合わせは発熱を極力抑えた降圧キットとなり、電流も5Aまで流すことができるようです。(ワカサギのリールはMAX1A×2なんで2Aもあれば十分なんですが)

うまくいけばいいんですが、実験なんで壊れない程度にやってみたいと思います。

夜が長くなりそうです・・・・・・。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:6 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |