FC2ブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

音ずれ解消。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

今度公開予定の動画ですが、今後興味をもって始められる方にちょっと偉そうですがアドバイスですww。

今回までは使用したのはデジカメに付いている動画撮影機能です。640×320の画像サイズでAVIという圧縮形式で撮影します。AVIは重いので今主流はMPEG4とかMOVとかの圧縮形式のデジタルビデオカメラが多いようです。

編集作業はwindowsに付属のウィンドウズムービーメーカーというソフトを使いました。音楽をつけたり、変なエフェクトをかけたり、タイトルやクレジットを挿入するのもこのソフトでやったんですが、問題はそのあとです。

ウィンドウズムービーメーカーはwmvという拡張子の圧縮形式で動画を作成するのです。wmvは軽いし、画質もさほど悪くないので重宝するのですが、YouTubeにアップロードしたところ音ずれを起こしてしまったのです。すべての動画でなるとは思いませんが、今回は初めてのロング動画だったので動画の再生時間が長いとなってしまうのかなと思ったりしました。

まぁ、なってしまうのはしかたないので次はその対処を考えます。ちょっとググるとYouTubeの奨励コーデック形式として紹介されているのが、映像コーデックがwmv、MPEG4(H264)で音声コーデックがmp3となっていました。(動画って映像と音声を分けて成り立っているんですね)

ウィンドウズムービーメーカーで動画を作成すると、映像コーデックがwmv、音声コーデックがwmaというコーデックを使っています。簡単そうで簡単でないのですが、音声コーデックをmp3にしちゃえばYouTubeの奨励にピッタンコになるわけです。この作業はウィンドウズムービーメーカーではできないので、これをできるソフトを探せばいいわけです。

ハナからお金を使う気はないので、vectorのフリーソフトで探してみました。すると、バッチリなソフトを発見しました。早速ダウンロードして使ってみると、日本で作っているソフトなので日本語でとってもわかりやすく使いやすいです。その名も「BatchDOO」・・・・・・名前がふざけてますが大変優秀なソフトだと思います。

映像系で使われている映像コーデックと音声コーデックを自由自在に組み合わせ結合できるという代物です。おまかせ機能も付いていて、iPod用に変換したりとかPSP用に変換したりとか非常に簡単にできます。

今回はwmvの動画を映像コーデックはwmv、音声コーデックはmp3と指定してエンコードしてみました。それで出来たファイルをYouTubeにアップロードしてみたところ音ずれが解消していました。

どっきりカメラでしたら大成功と書いた看板を持って出て行きたいくらいですww。

次からは新兵器のHDビデオなんで、また違う方法でアップしないといけないかも知れませんが、やらないと出来ないので失敗を恐れずチャレンジあるのみです。

肝心の動画はもうちょいお待ちしてください。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:4 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT | NEXT