FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

毎度夜な夜な。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

先日作った嵩上げ用のクランプですが、実戦で使うとなかなかの不具合が出てきました。

2mm程度のプレートで高くしたため、振動に弱く、右で誘いをかけると、左の電動にまで振動が伝わり、穂先がゆれてしまいます。ホントに些細な穂先のゆれを取っているので、これではダメダメちんなんですね。

そこで、電動まわりの見直しを図ることにしました。

せっかく作った竿置きですが、榛名湖とかのローボート用にコンバートして、新たに竿置きのシステムを構築することにしました。

今年からせっかくフラットなデッキにしたので、屋形船風な釣り座に変えてしまえということで、電動リールをちょこっといじってみました。

まずは、材料です。

iphone_20120216200137.jpg

イレクターというラックなんかを自作する部材のパーツを買ってきました。それと、アルミのパイプにゴム足です。

iphone_20120216211725.jpg

作業は簡単で、ボルトナットでつなげるだけです。

もう片方は、全ネジを仕込みます。

iphone_20120216211714.jpg

そこにパイプとゴム足を接着するだけです。

iphone_20120216211705.jpg

どう使うかというと・・・・。

iphone_20120216211655.jpg

こんな感じです。

野尻湖の屋形ではこういうスタイルの方が多いと思います。

果たして、使いやすいのかどうか・・・・今週末テストです。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:2 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |