FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

破壊王。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

先週から竿まわりを変えてみたんですが、一本足ですと前が不安定でした。誘いをかけるのはいい感じでしたが、巻き上げにして置き台に置くと倒れそうになったり、接続部分のプラスティックが幅広だったため、スプールと干渉したりと不具合がいろいろありました。

iphone_20120216211655.jpg


そこで、改善案としてステンレスの棒を曲げたものを接続することにしました。接続はもともと桐生技研の電動にはL型の足が付いているので、そのボルトを利用することにしました。

一番の悩みは棒をどうやってボルトオンするかってことでした。というか、圧着端子を使うのはすぐ思いついたのですが、圧着端子とステンレス棒をどうやって接着するかってことでした。

それも、あっけなくkimさんの一言で・・・・・「エポキシで固めちゃえば・・・・。」

採用です!!。

そこで、早速作ってみました。

iphone_20120222204333.jpg

こんな感じです。前作よりは安定感は増したかと思います。

問題は・・・・これを作り始めた時に事件は起きました・・・・姉さん事件です。

前回の足を外した瞬間ガリッと変な音が・・・・・よく見てみると、船べり停止スイッチが壊れました・・・。

船べり停止スイッチとは、過巻防止のスイッチのことで、そのスイッチにビーズないしスイベルなどが当ると巻上げが停止するスイッチのことです。まあ、スイッチ自体マイクロスイッチという市販のものを使っているので、翌日に市内にあるヤナイ無線さんに行って、購入してきました。

これをハンダで付け直せばオッケ~~とか思っていたんですが、スイッチのプレート部分にガイドを1個ハンダ付けするのですが、ハンダが乗りません・・・。いくらやっても乗りません。ネットでスイッチを調べてみると、どうやらプレート素材がステンレスのようです。あ!!と思い出しました。そういえばizumiさんがステンレスはステンレス用のハンダを使うんだっておっしゃってったっけ・・・。

さらに翌日、カインズホームへ行って、ステンレス用のハンダとステンレス用フラックスという液体を購入しました。ステンレス用のハンダだけではやはり乗らず、フラックスという酸性の液体を予め塗ることで初めてハンダ付けができるということです。

たしかに、フラックスを塗ってハンダ付けが出来るようになりました。

iphone_20120222204322.jpg

そして、スイッチを移植すると・・・・。

iphone_20120222204311.jpg

完成です。

動作チェックもオッケ~~でした。

これでなんとか土曜日のラストデイに間に合いました。しかし、ハンダ付けは難しいですね~、相変わらずテンコ盛りです・・・・。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:6 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |