FC2ブログ

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真夜中の工作室2。

おはこんばんちは、赤イーグルです。

と言うほど夜中ではない真夜中の工作室の続編です。

前回はノブの作成でしたが、今回はスライドレールの加工編です。

ゆうわ店長に材料買ったんだけど、どんな感じでしたっけ?と聞いてみると、お店にあるスライドマウントをレンタルで持って行っていいとのありがたいお言葉・・・・・。

でも・・・・・材料買っちゃったんだよね・・・・・。

というわけで、店長の暖かいお言葉だけ頂戴して、加工の作業に入りました。

材料は・・・・アルミのチャンネルなんですが、ちょいと特殊です。

fc2blog_2012091321402837f.jpg

片長チャンネルという種類なんですが、カインズホーム・セキチューとかのいわゆるホームセンターではなかなかお目見えできません。今回は前橋市で2店舗構える大型金物店のヒロタツールボックスで調達しました。オイラ的にはカインズで見つからないものはヒロタでって言う感じです。こういう材料は普通ですけど、工具とかはプロ専門店なのでそれなりにいいお値段でいいものっていうお店です。

それと、超低頭タッピングという皿の部分がめっちゃ低いタイプのタッピングです。

fc2blog_20120913214038ded.jpg

こういう珍しい材料が普通に置いてあるんで、ヒロタにいくと1時間以上は店内にいることが多いです。

チャンネルの溝の内寸が5.5mmなんですが、タッピングの皿部分で1.0mm、クリアランスは4.5mmという計算になるんですが、はてさてマウントの厚みってどれくらいなんでしょう・・・・・。スケールあててみると5.0mm位なんですが、テーパーっぽくなっているので、入ってくれればラッキー的な安易な感じで作業は進みます。

fc2blog_2012091321402015b.jpg

ふつ~~に切断して、タッピングが入る場所に穴あけをしておきます。チャンネルの長さは445mmとしました。(計測して決定)

fc2blog_20120913213958cfb.jpg

タッピングが浮いちゃうと困るので、面取りなどもしてみました。

あとはバウデッキに取り付けなんですが、暗いので休みの日の昼間にやりたいと思います。

ちゃんと付くのかな~~、失敗したら店長にスライドマウント借りに行こう~~っと。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:10 | トラックバック:0 | ページトップ↑

| PAGE-SELECT |