PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わかさぎ釣りから学ぶもの。

おはこんばんちは、赤イーグルです

去年のワカサギ釣りの後半から始めた釣り方の中にフカセ釣りというものがあります。捨ておもりという一番下のシンカーは落とし専門で湖底でほったらかして、仕掛けの上にガン玉を打って、仕掛けをたるませるという釣り方です。もちろん仕掛けがノーテンションなわけですから、ワカサギが違和感なく捕食してくれるというすばらしい釣法なのですが、こいつがなかなか曲者で、低活性時にはめっぽう強い釣り方なんですが、いろんな要素を組み合わせる必要があるんです。

風、穂先のテーパー、魚の食い気など、いろんな要素を考えてガン玉の重さを調整します。ガン玉の重さがキーになっていて、なるべく軽くしたほうが、活性の低いときは有利ですが、軽すぎて穂先が曲がらないようでは、アタリは取りにくいし、重いと魚が違和感を感じてしまうということです。

ただ、セオリー的には、ワカサギポイントに着いていきなりフカセたりはしません。魚の活性を確認するためにも、オーソドックスな釣り方から始めて、活性が高ければそのまま続けるし、低いと感じたらフカセ釣りに移行します。

なぜなら、フカセ釣りはお祭りの確立が何倍にも跳ね上がるので、直したり、仕掛けを交換したりする手間がタイムロスになるからです。特に、ワカサギジャンボでお祭った時はあきらめがつくのですが、ハスとかでやられたときは憎さ倍増です。ブラックなんて魚はもってのほかです。

という、長々としたプロローグに対して本題ですが、ここんところトーナメントに出るようになって、ライトリグを多用する釣り方に変わり、忘れていたことがあるんじゃないかと思い始めました。

なんか最初からフカしているような気がします。軽いルアーで低活性の魚を釣り始めから探しているような感じです。限られたトーナメントの時間なんだから、なおさら手返しよく高活性の魚を釣っていく釣り方に変えていったらどうかなと思っております。しかし、まあトーナメントなんで、そんなに簡単にはいかないと思いますがね。結局スピニングタックルを持っているオイラに注目してください。

今年はもうちょっとワカサギさんと遊んでもらって、早めにバス釣りに入りたいと思います。なんせ、チームゆうわからSO根さんも神流湖チャプターに復活するらしいんで、せめて足元にでもついていけるように練習しないと・・・・・。

湖上で、1ozテキサスを投げるオイラに注目してください。もし、笑ったりすると弾丸に用途が変更する恐れがあるのでご注意を・・・・・。
スポンサーサイト

| 赤イーグル | コメント:4 | トラックバック:0 | ページトップ↑

COMMENT

要約すると、吹いちゃうと、祭りで遭ったヤーさんに、玉取られるとってことですか?

| Gola | 2012/01/26 | URI |

榛名湖で・・・1ozテキサスを投げるのを・・・目撃したいと思います(笑)

| れおんくん | 2012/01/26 | URI | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> Golaさん

まあ、そんなとこです。

| 赤イーグル | 2012/01/26 | URI |

Re: タイトルなし

> れおんくんさん

2.5ozのビックベイトもお楽しみにww。

| 赤イーグル | 2012/01/26 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://yuuwahito.blog37.fc2.com/tb.php/1772-41b475aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT