PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中部信越地区チャンピオンシップウィニングルアー。

おはこんばんちは、赤イーグルDeath。

先週の中部信越地区チャンピオンシップのルアーについて・・・・・。

まあ、いつものって言えば、いつものですが・・・・。

20161010205457859.jpg

YAGOOOONっす。カラーはリアルモエビが一番反応が良かったです。

前日プラでもナイスキーパーを釣ってます。ネットの下のトッポの空袋がバイトの無さを物語っていますが・・・・。

20161010212205595.jpg

この時のカラーはEコンフィデンス2です。

そもそも、YAGOOOONは7月末に榛名湖でキャロに使ったのが始めで、その時はちょっと時期は早いかと思ったのですが、沼の原でキャロの具に使うと、1投ごとにバイトが取れました。こりゃ、ヤバいって言うことで、野尻湖チャプター第3戦に持っていき、いきなり4位という成績が取れました。榛名湖で使っているときは、リーダー70cmくらいで、野尻湖では1ヒロくらいです。

オイラ的使い方は、キャストして着底(シンカー)したらしばらく待ちます。この間にルアーがゆっくり落ちていると妄想します。いい加減妄想を楽しんだら、一回きいてみます。魚が銜えていないようでしたら、そこからじっくりゆっくりとズル引きます。

チャンピオンシップで入ったエリアには、ちょっとしたオダか単に木の枝みたいなものが水深11mくらいに入っていたので、シンカーが通過してからさらにじっくりとズル引きました。すると、クンッというアタリの直後にギュ=======っと持っていくので、慌ててドラグを調整する必要がありました。

オイラがキャロをする時は、何もないところでやることもありますけど、やっぱり、ウィードの中とか、オダ絡めたりで使うこともあるので、フックは基本オフセットを使います。最近はリューギさんのインフィニホビットの2番の出番が多いです。

ロッドは、いつも書いている通り、DELTAさんのDF-S68LXを愛用しています。

20161003130155754.jpg

前述した通り、スモールっていきなり突っ込んだりするので、よく曲がる竿でないと・・・ただ、バットパワーが無いとスモールの強い引きに負けちゃうし、オフセットフックをフッキングする力も必要だし、繊細なアタリを取るのでティップもよく動かないと・・・・。
というような欲しい欲しいを全て形にしたようなロッドなんです。

YAGOOOONのキャロなんですが、実はスモールだけではなく、JB霞ヶ浦の試合中にも釣ったりしてますので、ラージでも有効だと思います。(霞ヶ浦でライトキャロやっているのもどうかと思いますが・・・。)

あと、JACKSONさんでいうと、エグジグホッグのキャロもよ~く釣れますので、お試しあれ・・・・。

今週末は、関東Aブロックチャンピオンシップに参加してきます。そして東日本決勝戦、残り2試合頑張りマッスル。

20161010220237818.jpg
スポンサーサイト

| 赤イーグル | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップ↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://yuuwahito.blog37.fc2.com/tb.php/3003-2500f9d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT