PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真夜中の工作室2016・・・その1。

おはこんばんちは、赤イーグルDeath。

わかさぎ工作シリーズ2016-2017シーズン一発目のネタです。

先週、榛名湖での出来事です。オイラのワカサギ魚探の振動子は吸盤で取り付けていたのですが、時より吸盤が外れて付け直す作業があったりするんです。さすがに、マイナス気温の中で水中に手を入れると・・・・・。

ということで、振動子ポールを作ってみることにしました。バス用のは持っていますが、ごついので・・・・。

材料はこちら。

20161217095330739.jpg

水道用のVP管です。吊り用の金具はその後の作業で別の物に変更していますので、見なかったことにしてください。

20161217095326974.jpg

キャップは抜け防止で付けました。

20161217095251242.jpg

こちらの金具に変更して、蝶ねじを付けてみました。クランプは以前から使っているのものを流用しましたので、材料費はパイプと金具で400ベリーほどです。この金具の便利なところは、裏側にボルトを押さえつける突起が付いているので、蝶ねじを回すだけでゆるめたり、締めたりできることです。さらにクランプ側のボルトにもちょっとした工夫がしてあります。パイプを挟んで合わさったプレート部分にクランプ側だけスプリングワッシャーを入れてあります。そうしないと、クランプと付ける時にボルトを締めると、パイプがキツキツになって、振動子の上げ下げができません。

20161217095239851.jpg

完成です。とってもプラスティック感満載です。

20161217095228840.jpg

もちろん、跳ね上げできます。わかさぎ釣り場には、ロープが張り巡らされてますので、跳ね上げがあると便利です。

強度的な不安はありますが、わかさぎ釣り場って手漕ぎだから大丈夫でしょう・・・・・。
スポンサーサイト

| 赤イーグル | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップ↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://yuuwahito.blog37.fc2.com/tb.php/3017-668acc26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT