FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モバイルバッテリーのお話。

おはこんばんちは、仕事が忙しすぎておかしくなりそうな赤イーグルDEATH。

オイラのモバイルバッテリーコレクション・・・・。

20171201210322024.jpg

こんなにいらんだろって話ですが、まあまあ用途を求めたらこんなんなりました・・・・。

左から2個のANKERのバッテリーは、そもそもスマホの充電とかで使っていたもので、右の2つは今日Amazonから届いたものです。

全ては、こいつのため・・・・。

20171201211150682.jpg

先日やってきた外部電源仕様のワカサギ電動リールのクリスティアCRPTⅡαというモデルです。USBから電源を取れる仕様となっています。

ここからは、オイラの個人的意見なので、苦情等受け付けませんのであしからず・・・・。

モバイルバッテリーには過充電をさせないように、充電量が減ってきたら自動でシャットダウンする機能が搭載されているのがほとんどです。要は、モバイルバッテリーから出ていく電流が少なくなったら電源OFFするわけです。

電動リールの待機電力なんて微々たるものなので、電動リールを巻いていない時などは、充電が終わったと認識するわけです。そこで、モバイルバッテリーが勝手に電源OFFするので、リールにも電源が行かないというわけです。ワカサギが釣れてもリールが巻かないとなると、あたふたしちゃってその内バレちゃいますよね。

4個並んでますが、内の3個は自動電源OFF機能が搭載されています。

そもそも使っていたANKERさんは2分程待機すると電源オフしちゃうので、電動リールでは使えませんでした。

そこで、救世主!。とあるワカサギ系のFBページで、ある御方の記事にでていたELECOMさんのDE-M01L-6030というモデルなんですが、こいつには自動電源OFFの機能が付いていないんです。(ピンクのやつね)

20171201210250088.jpg

この状態で5分ほど放置しましたが、電源はオフりませんでした。6000mAなので、ワカサギ釣りなら容量的にも全然大丈夫です。

それなら、白いCheeroのバッテリーは?という話です。

オイラはボートメインなのですが、魚探もモバイルバッテリーで動かしています。(5Vを12Vに変換するわけです。)今までは左の1個口のANKERさんでやっていたんですが、5200mAの白いやつでは一日持ちません。黒のANKERさんは容量的にはいいんですが、差し込みが1個です。

そこで、3個口のCheeroさん。20000mAの大容量なので、魚探と電動リールを付けても大丈夫。ちなみにCheeroさんも自動電源オフの機能が付いていますが、魚探を使っている時は、常に電流を流しているので、オフりません。

20171201210224212.jpg

電動だけだと30秒ほどでオフります・・・・・。

ということで、オイラ的ワカサギ電動リール用モバイルバッテリーの使い分けは、野尻湖などの魚探持ち込みのできない屋形などではピンクのやつ、レンタルボートで魚探使いながらやる時は、白いデカイやつというふうにしたいと思います。

中盤で苦情等受け付けないと言うのは、この手の商品の基盤なんていうのはなんのアナウンスもなしに変更することがよくよく有ります。オイラの記事を読んで、同じもの買ったけど電源オフったよと言われてもオイラ的には何にもできませんので・・・・涙。

DAIWAさんでは、奨励バッテリーというのをカタログに載せてますので、不安がある方は最初からそちらをオススメします。

大容量のバッテリーを2個も買ったけど、いつワカサギ釣りに行くのだ・・・・・・?。

ま、タブレットやらいろいろあるでしょ・・・・・。
スポンサーサイト



| 赤イーグル | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップ↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://yuuwahito.blog37.fc2.com/tb.php/3087-e6d09593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT